動かない道路

 ↑
─┼x0
 │
─┼─ ←A
 │x1
─┼─ ←B
 │x2
─┼─ ←C
 │x3
 ↑
 r

状況

今、上図で北へ向かおうとする車両rがいるとする。
しかし、現在、多くの車両は基本的にみな北へ向かっているため、南北に走る道路の北方向(つまりrの進行方向)は渋滞している。しかし、ナビゲータの渋滞情報を参照する限り、渋滞はx0地点で解消しているため、しばらく待っていれば渋滞は解消しそうである。
しかし、この状態で、rは1時間以上にわたって上図のrの位置から移動できなかった。
これは、x1〜x3の信号の間隔の問題であることが、その後、少しずつ流れることで理解できた。

各交差点への進入状況

Aは、高速道路の出口からつながる道である。この時、高速道路が一部通行止めとなった影響で大量の車両が一般道Aに流れ込んだ。これらの車両はx1交差点を右折し北へ向かう。
Bは、地元幹線道からつながる道であり、Tの横棒左がB(つまり、Aへ合流できない)である。この道は一方通行出口の小さな道のため渋滞情報の対象とはならない。
Cは、地方幹線道であり、西方向(Cの矢印方向)へ渋滞している。

x0ーx1の動作

ここで、交差点x1が南北に青となる時点で、x0は赤のままである。このため、既に渋滞しているx0-x1に対して、x1-x2から車両は移動できない。その状態で、x1が東西方向に青となり、x0が南北方向へ青となる。x0地点で渋滞は解消しているが、それは1車線の道から、各1車線の北、東、西へそれぞれ分岐するために、道路あたりの車両の量が1/3になるからであった。しかもx0は交通の要所であるため、歩行者もいて、左折車が停滞し、本来直進や右折可能な車両が停滞する。結果的に、x0の青信号について、左折1台が歩行者信号が赤となったタイミングで1台流出するか、またはその前に可能性として2台が直進または右折するのみである(右折車両は南進してきた左折車両が同様に歩行者によって封じ込まれた場合に、右折できずにx0に残ることになる。
この最後のタイミングで、x0-x1間に余裕が生じるが、それはAからの右折車両によって塞がる。
塞がった後に、x1の南北方向が青になるが、x0-x1が塞がっているため、x1-x2から車両は移動できない(先頭に戻る)。

Aからの流入がなくなった後の動作

高速道路が通行可能となり、Aからの流入がなくなった時に、同じことが今度はBによって、x1-x2とx2-x3で発生する。x1,x2はx0と異なり歩行者によって左折車両が止められることはそれほどはないが、この時点で渋滞情報を知り、x0-xnまでの南北の渋滞を知った車両は、すべてBへ集中するため、これらによってx2-x3の車両はx1-x2への移動を阻止される。
この状態は、x0-xnの渋滞が解消するか、またはBへ移動した車両が解消するまで継続される。
同様にCの車両によってx2-x3が占有される。

解決策

南北道路が少ないのが1因である。そのために、A,B,Cすべてのx0-xnに流れ込むからである。
次に、x0の歩行者信号を歩道橋や地下道などへ変更するか、またはスクランブル交差点とすることが考えられる。